外壁・屋根リフォームを得意とした

相模原市のリフォーム会社です。

相談無料 042-705-2152

【受付時間】9:00~18:00  定休日:木曜

メニューを開く

blog

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

塗装コラム

2022/06/23

塗装が絶対必要な建材とは

塗装が絶対必要な建材とは 画像

こんにちは。イエプラススタッフです!

そろそろ家の塗装を…と思った時に、「そういえばうちの外壁材はなんだったかな?」と初めて外壁材のことを考えたという方も多くいらっしゃいます。

新築のマイホームを建てたときは、ハウスメーカーに提示された外壁材の中から自分の好みに合うデザインのものを選んだだけ。

その材質やメンテナンス方法まで知っているという方は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

実は外壁材には、その材質によって塗装が必要なものと不要なものがあります。

そこで今日は、外壁塗装を行う必要がある一般的な建材の種類と、それらの工事の注意点についてご紹介いたします。

目次

・塗装が必要な外壁材とは

 └窯業系サイディング

 └モルタル

 └ALC

・まとめ

塗装が必要な外壁材とは

外壁塗装を行う必要がある主な外壁材は、窯業系サイディング、モルタル、ALCとなります。

これらの特徴として共通するのは、原料にセメントが用いられているということです。

セメントは加工が容易で耐久性や防火性に優れた建材であるため様々な用途で用いられています。

しかし、「水に弱い」という弱点があります。

この弱点を補うために、防水効果のある外壁塗装を行う必要があるのです。

新築時に塗装はされていますが、築年数が経つにつれ塗装が劣化してくるため定期的な塗装が必要になります。

外壁塗装とひとくくりにしても、外壁材の違いによって工事方法は変わります。

ここでは、代表的な3種類の外壁材の工事方法と注意点について解説します。

窯業系サイディング

セメントや繊維質などを混合し、板状に加工した建材です。

様々な種類があり、主なメーカーにニチハ、ケイミューなどがあります。

セメントを主成分としているため、材質そのものに防水機能は全くありません。

なので、生産時に防水塗装されたものを使用するのが一般的です。

工事の注意点としては、目地部分はコーキング剤が使用されているため、塗替えとともにコーキング剤の打ち替えや増し打ちといった工事が必要になります。

モルタル

モルタルは、セメント、水、砂を混ぜた建材です。

ラス網などの下地に左官作業で作られた外壁になります。

新築時に防水仕上げが行われ、仕上げ方法により外観が変わり、凸凹したものや扇状の模様がついたものなどがあります。

目地が無いためコーキングの必要はなく、再塗装時にも基本的には必要ありません。

塗装の下塗り材は、モルタル用のものがあるため窯業系サイディングとは異なる点に注意です。

ALC

ALCは、「軽量発泡コンクリート」という建材で、主なメーカーには旭化成建材などがあります。

軽量で高強度ですが、水を含むとカッターで切れるくらいに脆くなります。

パネル構造のため、継ぎ目にコーキングが必要です。

窯業系サイディングよりもメーター数が必要なので、打ち損じが無いように注意しましょう。

まとめ

外壁材にも塗装が必要だったり不要だったりすることがあります。

防水機能のない材質の外壁材は、基本的に塗装が必要です。

また、今回は紹介しませんでしたが、金属系外壁の場合はサビを防ぐサビ止めの塗装が必要になります。

塗装が必要な材質のものでも、種類によって塗装時の注意点などが違うため、DIYなどで塗装をする際は注意が必要です。

しっかりと知識と経験を積んだ、信頼できる業者に頼んで塗装工事をしてもらうことをオススメします!

イエプラスでは、そんな定期的なメンテナンスに必要な『無料調査』『無料見積』を行っています。

どこに依頼をしようか悩んでいる方もお気軽にお問合せください!

どこで不具合が起きているのか?これは修理を依頼した方がいいのか?など疑問に思うことがありましたら一緒に確認して適切な工事をご提案させていただきます。

 

ページの先頭へ戻る