外壁・屋根リフォームを得意とした

相模原市のリフォーム会社です。

相談無料 042-705-2152

【受付時間】9:00~18:00  定休日:木曜

メニューを開く

blog

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

塗装コラム

2022/06/06

塩害ってなに?塩害が外壁に及ぼす影響とは

塩害ってなに?塩害が外壁に及ぼす影響とは 画像

こんにちは。イエプラススタッフです!

神奈川県といえば海を思い出すという方も多いのではないでしょうか?

実際湘南、逗子…観光スポットにもなっているビーチなども多いです。

そんな海沿いの町での暮らしにつきものなのが潮風。

晴れた日に海の香りがする潮風が吹くと気持ちがいいですよね。

ですが、潮風は気持ちがいいだけではありません。

洗濯ものがべたついてしまったり、金属がさびやすかったり、家電製品が壊れやすかったりと困りごとも多いのも事実。

それを塩害と呼びます。

海沿いにたつ建物の外壁への影響もまたしかりです。

そこで今回は、塩害が外壁にもたらす影響や被害が起こった際にどうすればいいのかということにスポットをあててお話していきたいと思います。

目次

・塩害とは

・塩害の影響を受けるとどうなる?

・塩害に強い塗料

・まとめ

塩害とは

まず塩害についてお話していきます。

海は塩分を含んでいますよね。

その塩分を含んだ水が蒸発し、その空気中の塩分が建物などに付着して、ものの劣化を早めます。

これを塩害と呼びます。

特に屋根・外壁・玄関ドア・アルミサッシなどに塩分が付着すると、腐食を進行させてサビなどの劣化を促進させてしまいます。

そのため、海沿いの建物は全て塩害対策が必須です。

波が届かない場所であっても、海から2km~8km付近まで塩分が運ばれ影響が及ぶといわれています。

海から8km付近までは塩害が起こりえると認識しておく必要があるでしょう。

塩害の影響を受けるとどうなる?

金属系サイディング

金属系の外壁にみられる初期症状は「錆び」です。

経年による劣化が起こり始めた外壁に、塩分を含んだ雨水や潮風が当たることで錆が発生します。

ガルバリウム鋼板やアルミは錆びにくい素材とされますが、塗料によるコーティングが行われていない場合は、やはり錆びは避けられません。

さらに塩害の進行してしまうと、錆びの部分が腐食してきます。

最悪の場合、外壁を取り換えるしかないほどに進行してしまう場合もあるので、初期症状を放置するのはおすすめしません。

窯業系サイディング

金属系でなくとも、塩分を含んだ雨や潮風に当たり続けると、外壁の劣化スピードは速くなってしまいます。

チョーキングといって粉状のものが浮いてきたら、ダメージを受け劣化が始まった証拠です。

モルタルでも同様な劣化が起こりえます。

初期症状であるチョーキングを放置すると、躯体部分にも水分が入り込み構造体までも腐食させてしまう恐れも。

また、サッシや雨戸など金属製の付帯部分に錆びが発生している場合は、外壁にも影響があると考えて間違いないでしょう。

錆びを放置すると、金属部分に穴が開いてしまい、取り換えが必要になります。

つまり、初期症状の段階でメンテナンスを行い、塩害から外壁を守ることが大切なんです!

塩害に強い塗料

塩害対策には、外壁塗装による耐塩性や耐久性を高めるメンテナンスが有効です。

塩害の影響が大きくなる地域では、それ以外の地域よりも塗装による塗膜の劣化が早まるため、耐久性は従来よりも2年~3年短くなると考えられます。

耐久性が短いとメンテナンス間隔よりも短くなってしまうため、何度も繰り返し外壁塗装の必要がでてきてしまい費用がかさんでしまうことに。

そうならないために、初めから耐塩性・耐久性の高い塗料を使った外壁塗装がおすすめです!

外壁の塩害に強い塗料としてあげられるのは、フッ素・無機・ピュアアクリルと呼ばれる塗料の3つが挙げられます。

それぞれの特徴をご紹介しますね。

フッ素塗料

フッ素塗料とは、フッ化カルシウムを主成分とした塗料のことです。

低汚染性が高く塩分などの汚れを寄せ付けず、酸性雨や紫外線の影響を受けにくい性質をもっています。

耐用年数は通常15年~20年と長く、塩害の影響を受けやすい地域でも強い味方になってくれるでしょう。

無機塗料

セラミックやケイ素といった無機物を主な成分とした塗料で、耐久性が高く、対候性にも優れているのが無機塗料です。

紫外線の影響にも強く、低汚染性も高いため、雨によって塩分や汚れを洗い流す効果が期待できます。

15年~20年もしくはそれ以上の耐用年数を実現する塗料ですから、塩害対策にはうってつけの塗料といえるでしょう。

ピュアアクリル塗料

ピュアアクリル塗料は、一般的にいうアクリル塗料とはまったく別のもので、オーストラリア塗料メーカー・アステックペイント製の塗料です。

一般的なアクリル塗料に含まれる不純物を取り除き、フッ素塗料と同レベルの耐久性を実現しています。

耐用年数も15年以上とフッ素並みといわれ、長期間にわたる耐久性を必要とする塩害対策にも対応できる塗料といえます。

上記に挙げた塗料は、一般的に使用される外壁塗装用の塗料よりも高い価格帯にはなってしまいます。

費用面でちょっとためらってしまうかもしれません。

しかし、一時的なコストで塩害対策を考えないで塗料を選んでしまうと、結果的に外壁メンテナンスの回数が増えて費用がかさんでしまうことになります。

塩害対策を考えた外壁塗装を考えるなら、長期的なコストを十分に考慮して耐用年数が長く高機能な塗料を選ぶことをおすすめします。

できるだけ外壁メンテナンスの回数を減らし、長い目で見たときのコストパフォーマンスを重視した対策を考えたいですね。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

海沿いの景色は素晴らしく、住む場所として憧れの場所ではありますが、塩害とは切っても切り離せない場所でもあります。

大切な家を守るためには、塩害対策を怠るわけにはいきません。

外壁塗装によるメンテナンスは、塩害対策として非常に有効です。

できるだけ長く、美しい外壁を保つため、最適な塗料を選んで定期的にメンテナンスをしましょう。

どんな塗料がいいか悩んだり、コスト面が心配という方はイエプラスまでご相談ください!

イエプラスでは、そんな定期的なメンテナンスに必要な『無料調査』『無料見積』を行っています。

どこに依頼をしようか悩んでいる方もお気軽にお問合せください!

どこで不具合が起きているのか?これは修理を依頼した方がいいのか?など疑問に思うことがありましたら一緒に確認して適切な工事をご提案させていただきます。

 

ページの先頭へ戻る