外壁・屋根リフォームを得意とした

相模原市のリフォーム会社です。

相談無料 042-705-2152

【受付時間】9:00~18:00  定休日:木曜

メニューを開く

blog

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

塗装コラム

2022/06/30

8割の人が知らない、お得に外壁塗装ができる方法!

8割の人が知らない、お得に外壁塗装ができる方法! 画像

こんにちは。イエプラススタッフです!

今日で6月も最後です!日中の暑さが尋常じゃないですね。

早くも夏バテしてしまいそうですが、しっかり食べて体力を蓄えたいと思います!!

さて、外壁塗装や屋根塗装についてそろそろ考えようかな…と思ったとき、

一番気になるのは予算のことではないでしょうか?

塗装は家を守るために必要なこととはわかっていても、費用はなるべく抑えたいもの。

実は…外壁と屋根を同時に塗装をすることで、お得に塗装ができるんです。

今回は、どうして外壁塗装と屋根塗装を同時にすればお得になるのか、注意点などをご紹介します。

目次

・外壁塗装と屋根塗装を同時にするメリット

・外壁塗装と屋根塗装を同時にした場合の費用の目安

・外壁塗装と屋根塗装を同時にした場合の工期の目安

・まとめ

外壁塗装と屋根塗装を同時にするメリット

外壁と屋根の耐用年数はほぼ同じです。

使用している塗料が同じであればなおさら塗装のタイミングは同時で問題ありません。

同時に塗装をすることでどんなメリットがあるのでしょうか?

足場代の節約になる

塗装するには塗料以外にも足場を準備する必要があります。

そのため外壁と屋根を別々で行うと工事のたびに足場を設置することとなり、足場費用が2倍になってしまうのです。

屋根と外壁を同時に行えば足場を組むのが一度ですみます。

工事の手間が省ける

外壁と屋根の塗装を別々で工事すると、いちいち業者探しから始める手間があります。

業者探しは一見簡単にみえるようで実は結構大変です。

その後の流れにも色々時間と手間がかかります。

まとめて行うことでその手間も1回で済ませられるのです。

統一感が生まれる

外壁と屋根を同時にリフォームすると、外観に統一感が生まれるというメリットがあります。

別々の業者に依頼すると、取り扱っている塗料の種類が異なることがあるため、統一感のある印象にするのが難しいことも。

外観に統一感を持たせたい場合は同時にリフォームすると良いでしょう。

統一感があると、新築のような美しさを取り戻すことができます!

外壁塗装と屋根塗装を同時にした場合の費用の目安

費用の相場を知っておくとさまざまな決定や契約がスムーズに進みます。

ここからは外壁&屋根塗装の費用相場について詳しくご説明します。

30坪程度のお家を想定した価格の目安です。

・外壁&屋根の同時塗装 ・・・ 100~140万円

・外壁塗装 ・・・ 70~100万円

・屋根塗装 ・・・ 60~80万円

状況や塗料によって金額は変わるため、あくまで目安での価格になりますが、同時に塗装する場合の方が単体合計金額よりもお得になります。

外壁塗装と屋根塗装を同時にした場合の工期の目安

外壁&屋根を一緒に塗装する場合の工期

外壁と屋根を同時に塗装するからといって工期が倍になるわけではありません。

作業日数は14〜18日で、これに職人の休日や雨による延期が加わるため2〜3週間程度が目安となります。

足場や洗浄をまとめて行えるため、外壁と屋根塗装を同時に行えばかなり工期を短縮できます。

外壁塗装のみの場合

外壁塗装のみの作業日数は12〜15日となっています。

これに職人の休日や雨による延期が加わるため2〜3週間が目安でしょう。

屋根塗装のみの場合

屋根塗装のみの作業日数は12〜15日です。

こちらも2〜3週間が目安となるでしょう。

まとめ

外壁や屋根の塗装は費用や手間がかかります。

なので、できるだけ後回しにしたいと思っている人も多いかもしれません。

外壁が劣化したタイミングで外壁塗装、屋根が劣化したタイミングで再度屋根塗装、と別々に行うこともできますが、同時に塗装を行うことに実はさまざまなメリットがあります。

業者を選んだり打ち合わせを行ったりする手間を削減できることや、統一感のある外観にできること、また足場代を節約できたり値引きの可能性があったりと、同時塗装はお得にできることがあります!

外壁が劣化してきたなぁと感じて無料調査を依頼する際は、是非屋根もついでに見てもらいましょう。

イエプラスでは、そんな定期的なメンテナンスに必要な『無料調査』『無料見積』を行っています。

どこに依頼をしようか悩んでいる方もお気軽にお問合せください!

どこで不具合が起きているのか?これは修理を依頼した方がいいのか?など疑問に思うことがありましたら一緒に確認して適切な工事をご提案させていただきます。

 

ページの先頭へ戻る