外壁・屋根リフォームを得意とした

相模原市のリフォーム会社です。

相談無料 042-705-2152

【受付時間】9:00~18:00  定休日:木曜

メニューを開く

blog

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

現場から

2022/01/13

老後のリフォームって必要?

老後のリフォームって必要? 画像

こんにちは。イエプラススタッフです!

ライフイベントによって生活様式や価値観が変われば、暮らしやすい住まいの形も変わってきますよね。

結婚や出産のタイミングはもちろん、最近は子どもの独立などによって再び夫婦2人での生活が始まるのを機にリフォームを検討する人も多いようです。

今回は、そんな“老後リフォーム”についてお話をしていきます!

目次

・老後リフォームの必要性

・リフォーム?建て替え?賃貸?老後リフォームを選ぶメリット

・老後リフォームの注意点

・老後リフォームのポイント

・まとめ

老後リフォームの必要性

子どもが独立した後は住み替えという選択肢もありますが、愛着のあるマイホームで暮らしていきたいと考える人も多いのでは?

そこで検討したいのが、老後を見据えたリフォームです。

「そのまま住めばいいのでは?」「お金をかけてリフォームする必要はあるの?」と思うかもしれません。

しかし夫婦2人暮らしになると、今までの家では持て余してしまったり、築年数を重ねた住まいの老朽化も気になったりしてくるもの。

平均寿命が男女ともに80歳を超え、“人生100年時代”とも言われる今、子どもの独立後も15年…長ければ約30年も過ごすことになる住まい。

安心・快適に暮らしていくためにも、老後リフォームの必要性は高いと言えるのではないでしょうか。

リフォーム?建て替え?賃貸?老後リフォームを選ぶメリット

「老後は持ち家がよいのか、賃貸がよいのか…」は悩むところですよね。

住まいの老朽化によって、建て替えを検討する人もいるのではないでしょうか。

ここでは、老後にリフォームを選択するメリットについてご紹介していきます。

愛着のある家で暮らし続けられる

リフォームなら、柱や梁など、長年暮らしてきた建物を生かすことができます。

賃貸への住み替えや建て替えをするとなると、家族との思い出が詰まったマイホームを手放すことに…。

暮らしやすい間取りや設備などに変更しつつ、残したい部分は残せるため、愛着のある住まいの雰囲気を保ったまま生活できるのも、老後リフォームの魅力と言えます。

現状や老後を見越した自由なリフォームができる

夫婦2人のライフスタイルや、体の変化に合わせたリフォームを自由にすることができます。

例えば、介護が必要になったときのためにバリアフリーにしたり、子ども部屋を夫婦の趣味部屋にしたり…。

夫婦にとって最適な住まいは、賃貸ではなかなか見つけるのが難しいもの。

老後リフォームなら、そんな快適で充実した暮らしが叶うのです。

建て替えよりも予算が抑えられる

一般的に、建て替えよりも予算を抑えることができるのも大きなメリット。

建て替えとなると、解体してゼロから作り直すことになりますよね。

リフォームの場合、スケルトンからのフルリフォームであっても基礎や構造部分は既存のものを活かします。

工事費だけでなく、諸費用や各種税金のコストダウンも可能。

また「子どもに資産を残したい」と、リフォームを選ぶ人もいるようです。

老後リフォームの注意点

費用が高額になる場合も

長年暮らしてきた住まいでこれからも安心・安全に暮らしていくためには、住宅設備の交換などに加え、耐震性や断熱性といった性能向上リフォームが必要となる場合もあります。

バリアフリー化や大幅な間取り変更をする場合なども、1,000万円を超えるケースが珍しくありません。

定期的にリフォームや修繕費用がかかる

マイホームで暮らしていくとなれば、これまでと同様、保有コストがかかるのは避けて通れません。

定期的なメンテナンス費用や固定資産税などが必要となってきます。

このように持ち家をリフォームして暮らし続ける場合も、さまざまな費用が必要となってくるため、慎重にマネープランを組むことが大切です。

老後リフォームのポイント

バリアフリー化など将来を見据える

体力の低下などによって、急な階段やちょっとした段差が日常生活の負担になってきますよね。

老後リフォームのタイミングで段差を解消したり、階段や廊下・トイレなどに手すりを設置したり、部屋のドアを引き戸にしたりと、バリアフリー化をしておくと安心!

またタイル仕様の浴室は床が滑りやすいので、滑りにくい床材に変えることも検討しましょう。

快適な間取りや動線を意識する

足腰が弱ったり、将来的に車椅子生活になったりしたときのことを考えても、生活動線や家事動線を考慮した間取りにすることが大切です。

たとえば、寝室の近くにトイレを設置すれば夜間の転倒を防止できますし、キッチンと水まわりを近くに配置すれば家事動線が短くなって移動も簡単に!

階段の上り下りを頻繁にしなくてもいいように、1階で生活が完結するような間取りにするのもよいでしょう。

また、LDKを広い1つの空間にするのもおすすめ。

掃除がしやすくなるうえ、夫婦がそれぞれの時間を過ごしていてもお互いの気配が感じられますよ。

性能を向上して安全性・快適性をアップ

長年住んできた住まいだからこそ、老朽化が気になるところ。

キッチンやトイレ、お風呂などの住宅設備は、安全性や機能性の高いものに取り替えを行うのがおすすめです。

急激な気温の変化によって心臓や血管の疾患を起こしてしまう「ヒートショック」や、熱中症のリスクを防ぐためには、断熱性を向上させると安心。

床暖房や浴室暖房を導入するのもよいですね。


まとめ

老後もマイホームで暮らしていくなら、ぜひ検討してほしい老後リフォーム。

今回はそのメリットに加え、注意点やポイントもご紹介しました。

建て替えや賃貸への住み替えなど、老後の住まいで迷っている方も、ぜひ参考にしてみてください。

イエプラスでは、そんな定期的なメンテナンスに必要な『無料調査』『無料見積』を行っています。

どこに依頼をしようか悩んでいる方もお気軽にお問合せください!

どこで不具合が起きているのか?これは修理を依頼した方がいいのか?など疑問に思うことがありましたら一緒に確認して適切な工事をご提案させていただきます。

 

ページの先頭へ戻る